2021/05/14

神奈川県立がんセンターおよびジェノプラン社と共同研究を開始
個人の遺伝子情報に基づいた肥満リスク算出により
更に効果的な運動・食事プログラムの提供へ

 

RIZAPグループ株式会社のグループ会社であるRIZAP株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:瀬戸 健、以下「RIZAP」)は、神奈川県立がんセンター(住所:神奈川県横浜市)、神奈川県立保健福祉大学(住所:神奈川県横須賀市)およびジェノプランジャパン株式会社(本社:福岡市西区、代表取締役:小島直樹、以下「ジェノプラン」)と共同で、遺伝子スコアに基づいた肥満リスクに関する共同研究を2021年4月より開始いたしました。

 

RIZAPでは、生活習慣病予防及び健康寿命延伸に資するサービス及び商品開発の検討をおこなうため、2020年11月にジェノプランとの協業について発表いたしました。この度の共同研究は、両社での取組の第一弾となります。
ご参考:RIZAP×ジェノプランの協業のお知らせ(https://www.rizapgroup.com/news/information/20201112-01/

 

■背景

健康プログラムを日本全国で積極的に展開するRIZAPと、人が生まれながらに持つ遺伝的傾向とリスクを把握することで最適なライフプランの提供を目指すジェノプランは、「日本の健康寿命延伸」という課題にともに真摯に向き合い、解決策となる商品の開発、サービスの質の向上を目指しています。この度の研究では、神奈川県立がんセンター、神奈川県立保健福祉大学及びジェノプラン、RIZAPの4団体のノウハウを活用し、多くの方々へより効率よく、楽しく、健康的な生活を送っていただくための、新しいアプローチ法を検討して参ります。

 

■研究内容

人がそれぞれ生まれながらにして持つ遺伝子の中でも、病気の遺伝的背景が分かるとされるSNP(一塩基多型)と呼ばれる部位に着目。肥満との関連が日本人を対象としたゲノムワイド関連解析で報告されている複数のSNPを、ジェノプランの遺伝子解析により分析します。この分析結果から「リスクスコア」を計測し、「肥満リスクスコア(仮称)」がRIZAPプログラムの効果や長期的な健康状態にどのように関連しているかを明らかにすることが本研究の目的です。これにより、より一人ひとりに合ったプログラムの提供や、より健康的でいられるためのアドバイスを個人に提供することができる未来を実現することを目指しています。

第一弾の解析・分析・算出については2021年内に完遂を予定しており、その後速やかにサービスインすることを目指しています。

RIZAPは、今後も多くの方々へRIZAPメソッドを体験頂く事で、日本の健康寿命延伸に貢献できるよう努めて参ります。

 


本リリースのPDFはこちらよりご覧いただけます。