2018/04/06

RIZAPのボディメイクを実践したお客様が累計10万人を突破
10万人のビッグデータ活用により、RIZAPは新たなフェーズに進化

当社子会社であるRIZAP株式会社は(以下、RIZAP)、RIZAPのボディメイクを実践したお客様が、2018年4月時点で累計10万人を突破したことをお知らせいたします。お客様、お取引様をはじめ、皆さまのこれまでのご愛顧とご支援に心より感謝申し上げます。


これまでのRIZAP

RIZAPは、2012年2月の神宮前店のオープン以来、専属トレーナーによる科学的根拠に基づいたトレーニング指導、毎日のきめ細かな食事指導、また、一人では挫折しがちなボディメイクに欠かせないメンタルサポートを二人三脚で徹底的に寄り添い結果に導く独自のメソッドで、お客様の結果にコミットしてまいりました。多くのお客様のご理解とご支持のもと、店舗拡大とともに急成長を続けたRIZAPは、事業開始より6年が経過した現在では国内外124店舗を展開し、新規入会会員数について累計10万人を突破いたしました。
この累計10万人以上のお客様のうち、男女比では、男性が約4割、女性が約6割となっており、「人生最後のダイエットにしたい」「リバウンドしない身体づくりをしたい」「健康数値を改善したい」など様々なご要望にお応えしてまいりました。
また、RIZAPの特徴である、マンツーマンスタイルの徹底的なサポートは、シニア層の方々にとっても安心安全に取り組んでいただけることから、シニア層(50代以上)の割合が全体の約20%を占め、最高年齢は94歳となっております。RIZAPでは、科学的に実証された独自のメソッドにより、お客様の体力にあった無理のない健康的な身体づくりのサポートを行ってまいりました。
加えて、RIZAPでは、より多くの方々に安全・安心にボディメイクを行っていただくため、全国各地の医療機関との提携も進めており、2018年4月6日時点で提携医療機関数は160を超えております。また、RIZAP のボディメイクを実践した医師のお客様は1,200名を超えており、RIZAP メソッドに対し、医学の専門家からも多くの賛同のお声を頂戴しております。これらの取り組みにより、マンツーマンで寄り添う専属トレーナーの存在だけでなく、カウンセラー、管理栄養士、そして提携医療機関の医師とも連携することにより、糖尿病やひざの痛みなどの不安がある方にも適切なアドバイスができるようチーム体制でお客様一人一人のサポートを行ってまいりました。
さらに、東京大学(理学系研究科生物科学専攻 黒田研究室)とRIZAPオーダーメイドプログラム作成(※)のための共同研究実施や筑波大学水上研究室と「トレーニングプログラム参加者の心理的変化」に関する共同研究を実施するなど、大学や医療機関との研究も積極的に行い、RIZAPメソッドをさらに進化させております。
※ 低糖質食事法およびレジスタンス運動による血中代謝物・ホルモン濃度の変化に関すること


これからのRIZAP

今後、RIZAPは累計10万人を超えるお客様のビッグデータおよびAI技術などの先端技術の活用により、新しい分野への挑戦を進め、これまでのパーソナルトレーニングジム中心の事業から新たなフェーズへの進化を目指してまいります。

■ 法人・自治体向けプログラムの本格展開による健康寿命の延伸への貢献

日本の社会課題のひとつである「健康寿命の延伸」に対する貢献に向けて、RIZAPはこれまで実施してきたマンツーマンスタイルのサービスに加え、複数名に対する健康増進プログラムを、法人向けプログラムおよび自治体向けプログラムとして本格実施してまいります。
法人向けプログラムでは、すでに約540回におよぶ健康増進プログラムを多くの企業様向けに提供してまいりました。
また、自治体プログラムについては、静岡県牧之原市で高齢者を対象に実施したプログラムにて、平均13.6歳の体力年齢の若返り、体重は平均2.4kgの減(60.4kg→58.0kg)、体脂肪率は平均3.1%減(35.2%→32.1%)を達成。23名中22名が、体力年齢の若返り、体重の減少を達成し、筋肉量の減少はなく、体脂肪率を減らすという理想的な結果を得ることができました。
さらに、⾧野県伊那市と実施している健康増進プログラムは、体力年齢改善の結果および医療費削減額の結果に応じて報酬を頂く、日本初の自治体向け”成果報酬型“健康増進プログラムを採用しています。
今後も、法人向けプログラムおよび自治体向けプログラムを本格的に推進し、7,600万人を超える生産年齢人口(15~64歳)における生活習慣病の改善への貢献、および、3,400万人を超える65歳以上のシニア世代への健康増進の支援による健康寿命の延伸への貢献を目指してまいります。

■ トップアスリート向けのトレーニングメソッドの強化

近年の国民的なスポーツの盛り上がり、健康寿命増進に向けた各地方自治体のスポーツ・運動への取組みの活発化を背景に、RIZAPは、トップアスリート支援を中心としたスポーツ関連事業を検討・実現するプロジェクトを加速化してまいります。
RIZAPでは、これまで、ボクシング WBA世界ミドル級王者の村田諒太選手、スノーボード・アルペン日本代表の斯波正樹選手、プロゴルファーの森田遥選手(2017 年賞金ランキング 13 位)、プロボクサーの藤本京太郎選手(WBOアジアパシフィック・ヘビー級王者)、トライアスロンのチームケンズの佐藤優香選手(第1回ユースオリンピック金メダリスト)など、多くのトップアスリートのトレーニングサポートを行ってまいりましたが、引き続き、累計10万人を超えるお客様のボディメイクで蓄積されたデータの活用を通じて、各スポーツ競技におけるパフォーマンスを最大化する洗練された機能性ウェア、各種ギア、グッズ、サプリメント、フードなどの展開を進め、RIZAPグループ各社のノウハウを活用し、アスリートの競技パフォーマンス向上のための支援を強化してまいります。
特に、2018年4月末よりグループ入り予定のサッカーJ1リーグ「湘南ベルマーレ」との連携を通じて、トップアスリート向けのトレーニングメソッドの強化を本格的に進め、トップアスリートのトレーニングサポートをする過程で得られた技術や知見を「ボディメイク事業」「サプリメント・フード事業」「スポーツアパレル事業」などRIZAPグループの様々な商品・サービスへ応用することにより、アスリートのみならず、スポーツを通じて健康増進を目指す一般の皆様へのパフォーマンス向上のための支援を推進してまいります。

RIZAPは、国民的な健康志向の高まりを背景に、2017年8月に「RIZAP 1000万人健康宣言」を設定しており、2020年度までに1,000万人以上の方にRIZAPメソッドを体験・実践していただくことによって、健康で輝く人生をサポートすることを通じて日本の健康課題への貢献を目指してまいります。


本リリースのPDFはこちらよりご覧いただけます。